0267-78-6111 Contact Rally Charenge 86/BRZ Race

Result

特別戦11月24日~25日
富士スピードウェイ(静岡県)

プロローグ

Vitz Race グランドファイナル(特別戦)へ参戦させていただきました。
今年一年の締めくくりにふさわしいレース内容と結果を出せるように、という思いで挑みました。

事前テスト走行

走行初日は雨。その後の走行日も雨が多く、ブレーキへの熱入れやタイヤ作りが思うように進められませんでした。
天候はどうにもできないので、限られた時間の中で優先順位として何をどう進めていくことが大切なのかをメカニック達と相談しながら、レースウィークへ向けて準備を進めていきました。

専有走行

専有走行の前日木曜日からサーキット入りをしました。
まだエアー比較なども出来ていなかったので、専有走行はそれらをやりながらの走行となりました。
フィーリングはそこそこ良かったのですが、ストレートスピードが今までのように伸びてくれることがなく翌日までの課題となりました。

予選

今レースの予選に出られるのは、各シリーズ上位のシード選手と予備予選を通過したチームのみとなります。予備予選はシードチーム20数台を除きそれらを2クラスへ分けて行われます。我がチームはA組です。
ところが、本番で使うために準備したフロントタイヤの予備予選用、予備決勝用、雨用の全てが車検に通らなかったのです。他にフロントタイヤはなかったので、本番用には選ばなかったリヤタイヤをフロントに履いて戦うことになりました。
コースへ出た瞬間から違いが分かりました。基本に忠実に必死に現状合わせをして速く走らせられるように努力しました。場所取りや前車との間合い作りも上手くいき、結果はA組3番、全体の4番でTOPと0.151秒差でした。

無事、予備予選を通過し、予選。
続いてシードチームも含めて54台で予選です。予備予選とは違うリヤタイヤをフロントに履いての走行です。
こちらのタイヤもできて3周とのことで完璧ではなかったと思いますが予選を終えました。結果は全体の16番でした。

予選:16位

決勝

フロントに履いてるタイヤが違うのと無理が効かないタイヤという事はわかっていたので、8周を見据えて落ち着いて冷静に抜いていきたい、という思いでスタートを迎えました。

周を重ねるごとに順位は上がり、ベスト10まであと2台。そして残り2周。ファイナルラップへ入るホームストレートで最終コーナーから狙って1台を抜かし、ファイナルラップのチェッカー前でこちらも最終コーナー前から狙いを定めてもう一台を抜かし10位でチェッカーを受けました。その後、前の車にペナルティが課され、9位というシングルで日本一決定戦のグランドファイナルを終えることが出来ました。

決勝:9位

エピローグ

日本一決定戦のグランドファイナルで9位という素晴らしい順位をもらうことが出来ました。
GR新車車両の中ではTOPの成績です。
また年間表彰式でもWOMAN賞をいただき女性でもTOPになりました。

メカニック達ともより絆を深めることができ、レース活動を通して沢山のことを学びました。これらの経験を生かし大切にしながら、来年以降へ生かせるよう努力していきます。