0267-78-6111ContactRally Charenge86/BRZ Race

Result

第4戦10月6日(土)~7日(日)
富士スピードウェイ(静岡県)

プロローグ

2018年関東シリーズの最後を締めくくる最終戦が10月6日、10月7日に富士スピードウェイにて開催されました。7月の第3戦より2か月半程が経ち、真夏の灼熱富士から秋のさわやかな富士へと季節も変化しました。

占有走行

今回のドライバーは、Uグループレーシングでは初めてのドライバー。とりあえず慣れてもらう目的もあり自由に走る時間を多くしました。限られた時間の中で出来るだけ多くの時間を走行しセットアップを進めていきます。予選前日のセッションでは2分18秒前半まで持って行く事が出来ました。

予選

前夜に雨が降り路面がまだ濡れている状況での予選スタートとなりました。参加台数が72台と多い事から2組に分けての予選が行われます。15分間で5回計測が出来るのですが、残り2周までA組で25番手を走行しています。予選を通過出来るのは組ごと27番手までとなる為、このままでは予選落ちも可能性のある位置です。

しかし、今まで前に引っかかってペースが上がらなかったのですが位置を変え自分の走りをします。するとラスト1周最後の計測で2分19秒332。A組の9番手を獲得しました。

この後B組の予選も行われ最終18番手にて予選が終了しました。明日の決勝は18番グリッドからスタート。1つでも上を目指します。

予選:18位

決勝

昨日の予選により、18番グリッドからのスタート、グリッドはイン側になります。ホイールスピンが若干多くスタートダッシュで遅れを取ります。1コーナーへの加速でポジションを1つ失い、そのままイン側を保ったまま1コーナーへ飛び込みます。若干加速ラインをつぶされながらAコーナーへ向け駆け下ります。

ここで1コーナーアウト側より有利なラインで加速してきたライバルにAコーナーのブレーキングでイン側へねじ込まれアウト側へ。1つポジションダウン。スリップを使いながら車速を乗せて、前車に一気に並びかけダンロップコーナーのブレーキングに並んで入るが、前には出られず。

しかし、立ち上がりをきれいにまとめ13コーナーのイン側へ。これにはライバルもお手上げでポジションアップ。最終コーナーからスリップを使い上手く車速を乗せてきて、前方のライバルを1コーナーのブレーキングでパス。前車までは距離が空いてしまい必死に追いかけるが追いつくまではいかず20番手でフィニッシュ。スタートからポジションを2つ落としてしまいましたが、見事完走。車両の接触等もなく終始クリーンなレースを展開しました。

決勝:18位

エピローグ

レース後の審議で2台に順位の変動があり2つポジションアップ。その結果、スタートポジションと同じ18位での決勝結果となりました。ラッキーもありますがこれもレース。うれしい結果です。

今回のレースは多くの事を経験し学ぶことが出来ました。この様な貴重な機会を与えて頂いたことに感謝するとともに今後の活動に生かしていけるようこれまで以上に努力していきます。